<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アクションカメラCrosstour CT8500内臓マイク取り外し失敗→ご臨終です(泣) | main | やはりだめ。アクションカメラYDST M80 Pro:白飛びもが画質もひどく使えなかった。 >>

2020.01.10 Friday

一泊ツーリングに最適なトップケース!観光地で荷物を持ち歩かずに観光できる。

バイク用トップケース表紙本日はバイク用のリヤボックス。いわゆるトップケースと呼ばれる箱のお話です。昨年からモトブログを始めて関東周辺や近場へのツーリングへ行ってますが、ほとんどが日帰りでした。ですからバッグもデイバッグひとつです。

ところが、何度か日帰りでツーリング行ってると少し遠出したくなり、一泊程度で行けるところを模索し始めました。同時に宿泊場所もいろいろ調べていたら、最近のビジネスホテルが”綺麗”&”安い”&”朝食付き”というのがけっこう多いことを知りました。昔は汚いイメージでしたから泊まるのは、もっぱら”かんぽの宿”か”国民宿舎”ばかりでした。ただ、これだと一人宿泊はとても宿代が高くなります。そこで、ビジネスホテルを利用しようと思い立ったのであります。

 

ただ、泊まりとなるとデイバッグも荷物が多くなります。すると、何か所かまわる観光地でその都度バイクから離れるとき荷物をいちいち持ち歩かなくてはならず、一泊分の荷物はけっこう体にきます。

そこで、行き先で荷物をバイクに置いたままでも安心して観光できないか考えたところ、今回のトップケースを思いついたのでございます。以前は見た目も格好悪いし、特に入れるものもないなあと思っていたのですが、これをつけてから一泊ツーリングは非常に楽になりました。ほんと、重たい荷物をそのままバイクに置いたまま観光地で歩き回れるのはこの上なくラクチンです。

 

実際に購入したトップケース

容量29リットルなので小さ過ぎず、大き過ぎず、ちょうどよい大きさでした。

バイク用トップケース:本体図

 

開けた状態

見た目よりなかなか入りそうである。

バイク用トップケース:オープン図

 

台座(取り付けベース)

かなり汎用的でどんなキャリヤにも付きそうです。

バイク用トップケース:台座部品図

 

トップのウェーブデザインいらない

こんなウェーブなくてもいから丸くしてその分容量を増やしてほしかった。

バイク用トップケース:側面図

 

便利な持ち手がついてる

トップケースを外してそのまま持ち歩けるように取っ手が付いてる。これは便利だ。

バイク用トップケース:使用例

 

種類大きさいろいろ

大きさもいろいろあって自分の希望に合いやすい。

バイク用トップケース:種類

 

実際に取り付けたベース(台座)

かなりガッチリ付いてるので緩んで落ちることはなさそうだ。

バイク用トップケース:台座

 

一泊ツーリングにとっても便利!観光地で重い荷物を持ち歩かなくてもよくなり、非常にラクチンなトップケース。

 

以上、ようやくトップケースの魅力&便利さが解ってきたわたくしでございます。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

コメント
コメントする









INFOMATION
 スマホ版(PC版表示から戻るとき)
 記事一覧(新着順)


    にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

 <<バイクブログ・テーマ>>
 バイク
 車・バイク関連なんでも
 ツーリング
 オートバイ、自動二輪車、単車
 頑張れ!オヤジライダー
 バイク道(どう)
 クルマ・バイクの写真
 バイクでお散歩
 バイクのある風景
 バイク用品
 一人旅
 モトブログ…走りながら語ろう

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.