<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 自己満足的回想:初めて買った原付「ホンダ ロードパル」…ゼンマイ始動のお手軽バイク | main | 一泊ツーリングに最適なトップケース!観光地で荷物を持ち歩かずに観光できる。 >>

2020.01.08 Wednesday

アクションカメラCrosstour CT8500内臓マイク取り外し失敗→ご臨終です(泣)

昨年から始めたバイクに乗りながら自己満足的な実況しながら走る”モトブログ”でずーっと使ってたアクションカメラApeman A79。一応気に入ってはいるのですが、どうも色合いが自分好みではないんですね。やはり、一番好きな色合いは最初に買ったCrosstour CT7000という格安アクションカメラでした。このCT7000は外部マイク付きではなかったので外部マイク化しようとして壊してしまい、無音カメラになってしまいました。そこで、しばらくこのCrosstourシリーズで外部マイク付きがでないかなあと思っていたところ、待望の外部マイク付きCrosstour CT8500というのが出ました。

 

そこで自分の好きな色合いを手に入れられると思い、買ってしまったのです。ところが、最近の傾向ですが、どの中華アクションカメラも中のソフトがいっしょなのか、皆同じでした。CT7000の色合いは期待できませんでした。結果、一度も使わず箱に入れたままほったらかしになりました。

それから三ヶ月ほどしてどうもApeman A79のみだと壊れたときの予備がないなと思い、このCT8500を箱から出しました。いろいろ試し撮りやいじってたらどうも外部マイクつないでもカメラ本体のマイクも生きてるようで、バイクに乗ってテスト動画を撮ってみたら本体マイクがエンジン音や風切り音、ノイズなどを拾って肝心の外部マイクからの音声がかき消されてしまい、ほとんど声が聞こえませんでした。

そこで、分解して内部マイクを取り外してしまおうと思い、Youtubeの分解映像を参考に自分でも挑戦しました。

 

と、ところがああああああ!!!!!

 

やっちまったんです。下の画像のように液晶の配線がいじってるうちにちぎれてしまいました。はい、ご臨終です。一度もデビューしないうちにお亡くなりになりました。5千円がパーです。もし、これがGoProのように6万円くらいするカメラだったら気絶していたかもしれません。中華カメラでよかったのかも。

 

今は亡きCrosstour CT8500  ( ノД`)シクシク…

アクションカメラCT8500:壊れたもの

 

まあ、やってしまったものはしょうがない。諦めました。そこで、一応どんなアクションカメラか紹介しておきましょう。

 

Crosstour CT8500アクションカメラ

アクションカメラCT8500:正面

*4K録画可能

*外部マイク付き

*手振れ補正あり

*30m防水

*Wi-Fi機能:スマホにカメラの画面を同時表示

*170°広角

*リモコン付き

*タイムプラス撮影可能

*各種フィルター装備:いろいろな効果を適用できる

 

外部マイク装着&スマホやタブレットに画面同時表示

アクションカメラCT8500:外部マイク付き

 

手振れ補正&水中撮影

アクションカメラCT8500:水中撮影可能な防水ケース

 

あらゆる場面でヘビーに使用可能&170度広角レンズで迫力満点

アクションカメラCT8500:あらゆるスポーツで

 

豊富な付属品

アクションカメラCT8500:豊富な付属品

以上です。一度も使わず壊してしまい、非常に残念ですが、とりあえずApeman A79を使っていくことにします。そのうちもう一台買うかもしれません。

 

JUGEMテーマ:アクションカメラ

コメント
コメントする









INFOMATION
 スマホ版(PC版表示から戻るとき)
 記事一覧(新着順)


    にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

 <<バイクブログ・テーマ>>
 バイク
 車・バイク関連なんでも
 ツーリング
 オートバイ、自動二輪車、単車
 頑張れ!オヤジライダー
 バイク道(どう)
 クルマ・バイクの写真
 バイクでお散歩
 バイクのある風景
 バイク用品
 一人旅
 モトブログ…走りながら語ろう

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.