<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 群馬県館林の茂林寺へ分福茶釜の狸に会いにいってきた。【モトブログ】 | main | バイク事故を経験し足元もプロテクト必須!ワークマン安全靴でガード。 >>

2019.12.30 Monday

事故ってわかったプロテクターの必要性&重要性。バイク用インナープロテクター紹介

プロテクター00忘れもしない2019年10月8日の朝、栃木での道の駅での出来事でした。小雨の降る中、さあ出発しようとしたそのとき「あっ!」と思った瞬間、道路の白線の上でツルりんこ。

そうです。あの白線ペイントされた上で前輪が滑ってこけてしまったのでござる。そしておもいっきり左肩を地面に強打。涙が出るくらいの激痛が走り、肩を触ってみるとポコッと骨が浮き上がってるではないか。「えー!?肩はずれたか?」と一瞬思ったが、とにかく何がどうなったのかわからなかったのである。なんとか、強引に元へ戻そうとしたが、あまりの痛さにそれ以上いじれなかった。

 

そこで、バイクもなんとかエンジンがかかったので腕が上がらない状態で左腕をハンドルに軽く乗せたような状態で東京まで戻ってきた。

そして、翌日整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらい、そこで初めて「肩鎖関節脱臼」ということを知った。

プロテクター07:肩鎖関節脱臼

図のように肩の骨と鎖骨を繋いでる靭帯3本のうち2本が切れてぴょこんと上に浮き上がってる状態で骨折してるわけではない。このような状態でも、一般の人は機能回復すれば日常生活に支障はないと医者は言っていた。手術(ボルトで固定)すれば元に戻すことは可能だそうだが、ラグビー選手や柔道選手などスポーツマンの方は手術するが一般の方は手術しないほうが多いという。

なぜなら手術してもしなくても機能回復は同じで違いは見た目だけだそうな。服を着てしまえば目立つことはないからである。また仮に手術となるとお金もかかり、二ヵ月ほど腕が動かせないそうだ。ならばと、手術しない方がほとんどだという。

そんなわけで私も手術はしないことにした。痛みが取れれば普通の生活は送れるようになるというからだ。

そこで、今回の本題。”バイク用プロテクター”のお話であります。今まで40年ほどバイクに乗ってきて、事故も何度か経験してるが、今回のような致命的な怪我を負ったのは初めてである。しかも、そろそろジジイに近づいてきたのでプロテクターが必要なんじゃないかと真剣に思い始めたのだよ。まだ死にたくないし。で、プロテクターの紹介。見た目が鎧みたいにごついのは恥ずかしいし、ツーリング先で観光もしたいので衣服の下に付けるインナータイプのプロテクターを購入することにしました。

 

★動画は下のほうにありますので参考にしてください。

 

コミネ 胸部プロテクター CEボディプロテクションインナーベスト

プロテクター03:コミネ 胸部プロテクター CEボディプロテクションインナーベスト

これは、上半身をガードするもので上着の下に着るベストタイプのプロテクターです。バイク死亡事故の第一位は頭ですが、第二位は胸だそうでです。これは、胸と背中(脊髄)、脇腹を守ってくれます。ヨーロッパの耐衝撃テスト(CE規格)に合格した商品で安心です。

 

RSタイチバイク用プロテクター CE プロテクター 肩用TRV058

プロテクター04:RSタイチバイク用プロテクター CE プロテクター 肩用

これは肩用の硬質ゴムでできたプロテクターで単体で売ってます。ですからこれだけでは付けることはできず、通常はこれをセットできるシャツかジャケットが必要です。現在、肩プロテクターのみをセットできるものがなく、しかたないので夏用の冷感アンダーシャツい縫い付けて作りました。あとで動画を見てください。

 

RSタイチバイク用プロテクター ステルス CE エルボーガード ハード TRV046

プロテクター06:RSタイチバイク用プロテクター  ステルス CE エルボーガード ハード TRV046

肘用プロテクターで服の下に付けるインナータイプです。よって、外からは見えないので付けたまま出歩けます。ハードタイプなので衝撃に強そうです。ヨーロッパの耐衝撃企画(CE規格)に合格しています。

 

RSタイチバイク用プロテクター ステルス CE ニーガード ハード TRV045

プロテクター05:RSタイチバイク用プロテクター ステルス CE ニーガード ハード TRV045

膝用のインナータイププロテクターで女性のハイソックスのように太ももあたりまでずーっと上げて履きます。そしてひざ下にマジックテープのベルトがあるのでそれでしっかりずり落ちを防止します。プロテクターはハードタイプでヨーロッパ耐衝撃規格(CE規格)に合格しています。生地はメッシュタイプです。

 

Chialstarヒップ プロテクター

プロテクター02:Chialstarヒップ プロテクター

ズボンの下に履くインナータイプのプロテクターで高度衝撃吸収EVAパッドで固められています。ヒップ、太ももサイド、臀部、太ももの後ろ、腰周り、とほぼ全周ガードしています。なかなか優れものですね。

 

プロテクター付きメッシュ手袋

プロテクター01:プロテクター付きバイク用メッシュ手袋

見るからにごつくてすごい手袋ですね(笑)。でも、このくらいガードしてないと手に受ける衝撃は半端ないですからね。あと、この手のタイプは最近はスマホ操作できるものが増えてきてます。便利になりました。

 

事故ってわかったプロテクターの必要性&重要性。インナープロテクター紹介byバイク事故:モトブログ

【撮影カメラ】

●スマートフォンのインカメラ

 

【編集ソフト】

●Windows Movie Maker

 

JUGEMテーマ:バイク・ツーリング日記

コメント
コメントする









INFOMATION
 スマホ版(PC版表示から戻るとき)
 記事一覧(新着順)


    にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

 <<バイクブログ・テーマ>>
 バイク
 車・バイク関連なんでも
 ツーリング
 オートバイ、自動二輪車、単車
 頑張れ!オヤジライダー
 バイク道(どう)
 クルマ・バイクの写真
 バイクでお散歩
 バイクのある風景
 バイク用品
 一人旅
 モトブログ…走りながら語ろう

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.